SL95 Samba 15 メイ・ポール(May Pole)

投稿者: | 2020年1月27日

実をいいますとメイ・ポールでは、男性は女性の周りにサーキュラー・ボルタ(円を描く形になるので)を踊り、その間女性はコンティニュアス・ボルタ・スポット・ターンという別の踊りをします。

メイ・ポールは文字通り5月(メイ)の柱(ポール)。高い木を立て、その上から垂らした色とりどりのリボンを手にした男女が、踊りながら木の周りを回ります。5月1日のメーデーに行なわれる春を祝う祭で踊ります。

 

SL95 Samba 15 メイ・ポール
(May Pole)

 

 

■「サークルで上達するボールルーム・ダンス(ラテン編)」
メイ・ポールの頁を開きましょう。

Sa15 May Pole

 

さて、メイ・ポールまでやってきました。この後の踊り方は:-

その1.サンバ・ホイスクにつなげるのが一番簡単です。

その2.ステイショナリー・サンバ・ウォークを1小節踊り、(9)コルタ・ジャカに戻ります。

その3.男性もコンティニュアス・ボルタ・スポット・ターンを使うことがあります。その踊り方は、メイ・ポールの最後、男女が向かい合った所で【左右】をウェスト辺りまでおろし、手のひらを軽く合わせます。ここから離れて踊ります。

1. 男性は左回転の、女性は右回転のコンティニュアス・ボルタ・スポット・ターンを2小節使って2回転強し、ほぼ向かい合って終わります。

2. 続いて、【ダンス・ホールド】になりながら、ナチュラル・ベーシック・ムーヴメントを1小節踊ると、サンバ1のリバース・ベーシック・ムーブメントに戻れます。

◆男性のナチュラル・ベーシック・ムーヴメントの踊り方は、右足前進(S) →  左足を右足に寄せ、トウで床をプレス(a) → 右足に体重を戻す(S) →  左足後退(S) →  右足を左足に寄せ、トウで床をプレス(a)  →  左足に体重を戻す(S)です(2小節)。女性はこの逆になります。

 

1⃣ このアマルガメーションの場合(女性の左回転)
【前にくる主なフィガー】
・サンバ・ロックスの6歩目、12歩目から ・シャドー・ボタフォゴズの3歩目から ・プレイト など。

【後に続く主なフィガー】
・【左右】のステイショナリー・サンバ・ウォークス ・リバース・ターン ・左へのサンバ・ウィスク など。

 

2⃣ (女性の右回転)の場合
【前にくる主なフィガー】
・シャドー・ボタフォゴズの6歩目から ・(男性)左へのトラベリング・ボルタズ など。

【後に続く主なフィガー】
・コルタ・ジャカ ・(男性)右へのサンバ・ウィスク ・ナチュラル・ベーシック・ムーブメント など。

 

 

【ここに気をつけましょう】

☘💛ホールド
先行フィガーの最後から男性は【左右】を上げ始めます。男性は手のひらを女性の頭の方へ向けると、女性に対する左回転のリードになります。

☘💛男性のステップ
回転の中心に女性がいますが、外回りする男性が回転の軌道から外れていくことがあります。大きな原因の一つに、左足の置く位置が考えられます。「横に」と思っていると、回転がありますから、結果的に「後ろ」になってしまいます。ステップする位置に気をつけましょう。もう一つ、左足ボールで回転を起こし、常に女性の方に体が向くよう調整してください。顔だけとか、目だけ女性を見ていてもダメなんですよ。カウント(a)のトウは強く使い足首が緩まないようにしましょう。

 

☘💛女性のステップ
女性はその場での回転です。この回転を成功させるには、

1. 左足つま先を常に外に向けましょう。そうすると、体がついていきますから。
2. 自分の(当然ですが!)右手二の腕を左手で押さえてみましょう。そうすると右肘が外に逃げず、うまく行きます。この種の回転がうまくできない時は、常にこの方法に戻ってください。肘の位置がずれることで、問題が生じているからです。

 

 

■参考動画1(YouTubeより)
最初に “Man Turning to L” 、次に “Man Turning to R” の踊り方が出て来ます。拙書ルーティンの踊り方は「(男性)左方向へのサーキュラー・ボルタ」と書きました。これは、男性は女性を中心に自分の左方向へ進みながら右回転をしているので、この動画では “Man Turning to R” の踊り方です。

 

 

■参考動画2(Basic Routine & Demonstration / VHS Studio Himawari)
ユッカ&シルパが踊るベーシック・サンバから今回のフィガーを探してみましょう。

 

ハッピー・ダンシング!