MA14 美味しい発酵食品を作りませんか?

投稿者: | 2020年1月6日

どこかの誰かのダンスに役に立つことを願い、拙書「社交ダンスがもっと好きになる魔法の言葉」を公開中です。今回は「ダンスを発酵させる」話です。

 

MA14 第2章 サークルで上手くなる11の話
(第3話)美味しい発酵食品を作りませんか?

 

ダンスはどうしてこんなに魅力的なんだろうと、常々思います。だから、ダンスを始めて間もない人が口々に、

「もっと早くに始めていればよかった!」
「あー、若いときにやっていれば・・・・・・」

と嘆く声を聴くと、「ほんとにそう!」と即座に同意してしまいます。私もそうでしたから・・・・・・。

 

でも、時間を取り戻すことはできませんから、

「来年始めるより、一年早くてラッキー!」
「明日始めるより、今日で良かった!」

と考えることにしませんか? そして、もっと早く始めていなかった残念な気持ちがあるからこそ、今日の練習、今日の学習を大切にしましょう。そして、

●練習を「修行」にしないようにしましょう。
●楽しく、笑いながら練習しましょう。

 

熱心に取り組むのが悪いとは言いませんが、楽しく笑いながらやると体の筋肉がほぐれ、運動機能が高まりますし、健康効果も得られます。また、ダンスは発酵食品と同じで、今日準備して、明日美味しく食べることはできません。美味しくなるにはそれなりの発酵期間が必要です。

 

「今すぐ上手に!」と必死にならず、今日の練習・今日の学習・今日の知識が近い将来に「美味しく発酵する」ことを信じましょう。美味しいダンスができあがるのは、気が付いたら、アッという間でしょう。

 

今日の喜びと楽しい期待をよく混ぜて待ちましょう。
ダンスは発酵食品と同じなのですから。

(「第2章 サークルで上達する11の話(第3話)美味しい発酵食品を作りませんか?」おわり)

 

ハッピー・ダンシング!