MT40 第9章 パートナリング/①思考

投稿者: | 2020年3月18日

「ダンサーのためのメンタル・トレーニング」(マッシモ・ジョルジアンニ著/神元誠・久子翻訳/白夜書房 原書名:DANCING BEYOND THE PHYSICALITY)を紹介します。

■目次

 

 

MT40 第9章 パートナリング
Partnering

 

私は人間関係における一瞬の感情表現を見るたびに素敵だと思ってしまいます。母親が子供を見る眼差し、そして、子供が両親を見上げる眼差しに。そこには、すべてを投げ出しても子供を守ろうとする親の姿があります。妻が息子のガブリエルに授乳しているときの二人の姿を眺めていると、何とも言い難い感じになります。二人の姿、形、大きさはまるで違うのに、よく似ているのです! 自分の子供を例に挙げて恐縮ですが、父親になることで私は色々学び、その中で、今までに色々主張してきたことを確認することができました。

 

ダンサーとの間に親子と同じような関係を見出すと、やはり楽しくなります。純粋、かつ、真の関係に感動します。そうした瞬間、言葉の真の意味が理解できるからなのです。ダンスにおいて、すべてを分かち合うパートナーとの関係は本物となります。私は、お互いにパートナーのことを感じ取ることがダンスの真髄と強く思っています。そうでなければ、カップルでいる理由は何もないのですから。

 

どのようにしてエネルギーを与えエネルギーを受け取るか、どのようにして激しい情熱と意味を込めて相手をタッチするか、どのようにして近づきあってマジックを起こすか、どのように相手との距離を置きつつ存在感を残しておくか、こうしたことが、カップルが分かち合うフィーリングの根底にあるものです。

 

 

私は、そうした偽りのない、純粋で、シンプルな表情を見るのが好きです。そこには瞬間を分かち合うフィーリングだけが存在しているのです。他のどのような考えもそれを邪魔することはできず、他のどのような条件も説得力を持たず、人の心をつかむことはできません。フィーリングと感動に敵わないのです。

 

私と同じように感じている人は他にもいるはずです。偽りのないもの、シンプルなもの、澄んだもの、そうしたものが融合するフィーリングは、異なる人々や物事をひとつに結び付けるように思えます。

 

それと同じことが、異なるスペースを使い、異なる形を創り出しながら踊る二つの体についても言えます。ひとつのことから次のことへと空間が引き継がれるとき、そこには形容しがたい何かがあります。引き継ぎが行なわれるその中間でつながりが生まれ、外から見るとひとつながりになったイリュージョンが起こります。

 

では、このパートナリングのセンスを創り出すテクニックを教えましょう。

 

パートナリングのセンスは、様々な方法を通して創り出されます。思考、タッチ、スペース、体重、呼吸、見つめ合う、テンポなどがありますが、それらをひとつずつ見ていくことにしましょう。

 

 

 

MT40 第9章 パートナリング/①思考
Thought

 

パートナーと一緒になり、踊りの中に感情移入するために必要なものが思考です。優れたパフォーマンスをするにあたり、まず大切なことは、パートナーに対してポジティブな考え方を持つことです。そのパートナーと一緒に踊りたいと思い、そして、心の中で相手を批判するのではなく、相手の目を見つめ、「あなたは自分にとりスペシャルな人です」、「あなたは唯一の大切な人間であり、何でもできる人だと思っています」、との思いをパートナーに伝達することです。

 

私の経験をお話しすると、私がアレッシアとベストのパフォーマンスができたのは、二人の精神的な融合が肉体の融合より大きかったときでした。二人で同じ考えを持ち、同じビジョンを抱いたことが私たちを精神面でひとつに結び付けたのでした。お互いにダンサーとして尊敬し合ったのです。

 

残念なことに、ダンスでは時々不幸な関係に陥ることがあります。「火山のような関係」と私は表現しているのですが、いつもいつも、二人は合わなく、お互いに自分が持つべき責任が何かを知らないのです。そのような関係の下では、考え方は悪い方に流れ、長い間に、パートナーの考え方を受け入れられなくなってしまいます。そして最後には、パートナー自身のことまで受け入れられなくなってしまうのです。そこには、相手に対して聞く耳を持たず、自分の考え方を押し付ける傾向が見られます。ですから、良い関係を築くには、まず、二人は共に同じ権利を有していること、かつ、二人は全く同じではないことを言葉と態度を使って確認し合うことです。

 

 

エクササイズ

― 「なぜこの人と踊っているのか?」、「この人のどこが好きか?」と自分に聞いてみなさい。

― 二人の共通項を探しなさい。

― 二人の共通した価値観を探しなさい。

― 週に1 時間、二人の関係を話し合う時間を取りなさい。

― 積極的に耳を傾けることを学びなさい。

― 自分の考えは明確に表現しなさい。

 


(「MT40 第9章 パートナリング」つづく)