MT28 第5章 言葉の力/②ステップ名が伝えるもの

投稿者: | 2020年3月7日

「ダンサーのためのメンタル・トレーニング」(マッシモ・ジョルジアンニ著/神元誠・久子翻訳/白夜書房 原書名:DANCING BEYOND THE PHYSICALITY)を紹介します。

 

■目次

MT28 第5章 言葉の力/②ステップ名が伝えるもの
What Dance-steps Communicate

 

ダンスを踊るのに最も重要な条件は、何が大切かを自覚することです。そのためには、ダンス用語の意味をきちんと考え、その意味を理解することによって目覚めた感情や感動を肉体でどう表現すべきか ― そうしたことを考えるために心の中の対話を切り替えることです。ステップやムーブメントによっては、その名前の中にすでに意味が含まれていることがあります。

 

例えば、ホールド、アウトサイド・スピン、フォーラウェイ、ドラッグ、インピタス、スリップ、ピボット、フェザー・フィニッシュ(いくつかはスタンダードにもラテン・アメリカン・ダンスにもある名前です)、などなど。そうした名称の意味を理解し、それを正確に物理面で表現するようにすることが大切です。

 

あなたは、ドラッグ、フェザー・ステップ、ビッグ・トップ、あるいは、リンクとかサンバ・ロールといった名前が、どうして付けられたのかと考えたことがありませんか? ドラッグでは何かを自分の方に引き寄せるところを想像してみてください。ダンスでは男性が女性を引き寄せます(女性はドラッグされる側になりますが)。

 

では、今あなたが想像したドラッグを体で現わしてみましょう。あなたが男性ならば女性を自分に引き寄せるところを、あなたが女性ならば男性に引き寄せられていくところを実際にやってみて、その効果を観察しましょう。

 

どうでしたか? 実際にやってみてどう感じましたか? どんな風にドラッグしたいですか? どんなふうにドラッグされたいですか? 優しく、それとも激しい感じで? 黙ってついていく感じでいきますか? それとも抵抗する感じを演出しますか?

 

別の例として、フェザー・ステップをするとしましょう。フェザー・ステップの名称そのものが意味を示していますが、フェザーのような軽さを表現するにはどうすれば良いか考えてみましょう。

 

踊っている最中なら、あなた自身がフェザーにならなくてはなりません。地球上で一番軽い人間になったところを想像しましょう。すごく軽やかでふわふわしているので、人々は息を飲み込んで観ています。それを想像するのです ― あなたがフェザー・ステップする瞬間、観衆が息を呑む様子を、そして、皆が 「うわ―――――――!!」と叫ぶその様子を想像するのです。

 

踊りの意味を表わしているフィガー名や用語からインスピレーションを受けてください。そして、それを踊るときには、肉体的にも感情的にも、その名前に込められた意味を注ぎ込むのです。

 

用語や名称の意味を充分に理解するようにしましょう。そして、自分のものとして、明確に動きが視覚化してから踊りましょう。すると、明らかな違いが見えてきます。

 


(「MT28 第5章 言葉の力 」つづく)