MT19 第3章 信念/③信念を変えられるか?

投稿者: | 2020年2月28日

「ダンサーのためのメンタル・トレーニング」(マッシモ・ジョルジアンニ著/神元誠・久子翻訳/白夜書房 原書名:DANCING BEYOND THE PHYSICALITY)を紹介します。

■目次

MT19 第3章 信念/③信念を変えられるか?
Can We Change Our Beliefs?

 

答えはイエスです。私たちは自分たちの信念、考え方を変えることができるのです。決まった信念を抱いて生まれてきた人はいません。信念とは生きていく中で、自分が積極的に人生を送ろうとするとき、あるいは、両親とか教師といった他の要素によって形成されるものです。そのようにして形成されたということは、変えることも消すこともできるのです。

 

何と素晴らしい驚きでしょう。今日のこの日から、自分の役に立たないと思う信念をモチベーションへと変えてしまうこともできるのですから! 今まで積み上げてきた障壁を、単に消し去るだけで、どれほど多くのことができるか想像してみてください。

 

どれ程多くのことをしたいと思いつつも、自分の中の何かがそれを邪魔していたとは思いませんか? ここに素晴らしいお知らせがあります。ちょっとしたことをするだけで、そうした障害が取り除かれ、競技のときにチェックを入れてもらえるダンサーに変身させてくれるのです。さあ、その染み込んだ信念を変えてしまう方法とは、これです。

 

 

  ステップ1 - もっと疑いなさい

次のような疑問を持って、その答えを考えてみなさい。

「その考えはどこから生まれてきたのだろう?」

「本当に、このやり方で良いのだろうか?」

「これが本当に正しいと信じる根拠を持っているだろうか、それとも、それは一般論から導き出されただけではないだろうか?」

「それが誤りと証明できるか?」

 

 

  ステップ2 - その考え方に伴う痛みの大きさを測りなさい

次のような質問をしましょう。その考えを心に留めておいたことで、どれほどの代償を払ってきたかを分析し、答えなさい。

「そうした考え方をし続けていたら、何が起こるだろう?」

「その考え方を持ち続けることで受ける精神的苦痛はどれほどになるだろうか?」

「それによって、競技会中、他にどんな困難が起こるだろう?」

「その考え方を捨てたからといって、ダンス界にどんな影響があるだろうか?」

 

 

  ステップ3 - 力を与えてくれる考え方を選びなさい

自分が変わることを決意し、古い考え方を捨て、新しいもっと意味あるものに変えましょう。そのためには、次のような言葉を、自信を持って繰り返しなさい。

「必要なものはすべて、すでに自分の中にあります」

「自分の中に持っているものを、すべて引き出します」

「私はゴールに到達できます。大きな障害に見えることでも、その解決法を手にします」

「私には、燃え立つエネルギーがあります」

 

 

  ステップ4 - 証拠を探しなさい

新たな信念を固めたなら、次のような質問をしてその基準点を探しなさい。

「その信念を持つ資格があることを、何度自分に示しただろう?」

「その信念が正しいことを、以前のどの場面が示しているだろう?」

 

 

  ステップ5 - 新たな信念と楽しみを関連付けなさい

新たに決めた肯定的な信念により、色々な良いことがもたらされます。自分に尋ねてみてください。

「この新しい信念は、何をもたらしてくれるだろう?」

「結果にどんな違いを、どんな進歩をもたらしてくれるだろう?」

「私のダンスの何が変わるのだろう?」

 


(「MT19 第3章 信念」つづく)