SL83 Samba 04 サイド・サンバ・ウォークス(Side Samba Walks)

投稿者: | 2020年1月26日

比較的タイトな動きのサンバ・ウォークスの繰り返しからサイド・サンバ・ウォークに入ると、どこかに出かける時のように、気持ちがわくわくしてきませんか? 僅か3歩しか踏みませんが、次のフィガーへの期待が膨らむ踊りです。

 

SL83 Samba 04 サイド・サンバ・ウォークス
(Side Samba Walks)

 

 

■「サークルで上達するボールルーム・ダンス(ラテン編)」
サイド・サンバ・ウォークの頁を開きましょう。

Sa4 Side Samba Walk

 

【前にくる主なフィガー】
・男性左足のサンバ・ウォーク 

【後に続く主なフィガー】
・男性左足のサンバ・ウォーク ・3歩目で男女向かい合った場合、男性左へのサンバ・ホイスク、ステイショナリー・サンバ・ウォークス など。

 

 

【ここに気をつけましょう】

☘💛サンバ・ウォークス同様の注意ですが、上体はまっすぐ保ちます。3歩目で相手の方に身も心も(?)傾斜しないように注意しましょう。

☘💛勝手にサイド・サンバ・ウォークに入る女性がいます。原因はどこにあるのでしょうか? そうです、男性の「枠」 (【左右】のホールドと女性に回した右腕からなる) がしっかりしていないからです。ひとたび女性が「この人のリードが判らないわ」と判断すると、自分で行動を起こしてしまうものです。リードの多くは枠を通して行なわれますので、上達を目指す人、つまり、この本を読まれている方は、常に枠の研究をしましょう。

☘💛男性は1歩目で軽く右ヒップを女性の左ヒップに当てると、2歩目が横にはじかれリードが通じ易くなります。

 

 

■参考動画(YouTubeより)
動画後半に次の終わり方が出ています。

① Open PP(次にシャドー・ボタ・フォゴズに入れます)
② Closed Position(次にステーショナリー・サンバ・ウォークスに入れます)

 

ハッピー・ダンシング!