SL74 Cha 17 アイーダ/フォーラウェイ(Aida/Fallaway)

投稿者: | 2020年1月26日

拙書「サークルで上達するボールルーム・ダンス(ラテン編)」、ルンバの足型図を参考にしながら説明をします。

 

SL74 Cha 17 アイーダ/フォーラウェイ
(Aida/Fallaway)

 

わずか3歩。しかも、バック、バック、バックですから、これ以上説明がいらない位ですが、一通り読んで下さいね。すでにステップを知っている人も文字から説明を読むと、なにか「気づき」があるかも知れません。フォーラウェイの別名も持っています。アイーダの名称についてはISTD のHP に次のように書かれています。

「ラテン・ダンスを広めたムシュー・ピエールとミス・ラベル(Monsieur Pierre and Miss Lavelle)が1953年にハバナにでかけ、ペペ・ロレンスと奥さんのアイーダ(Senor Pepe Lorenz and his wife Aida)からルンバのレッスンを受け、多くの新しいフィガーを学びました。このフィガー名は、このフィガーを素晴らしく上手に踊っていた彼女の名からきています。参考までに、彼女はそこから二回連続のスポット・ターン(ISTD テキストのエンディング2)を踊っていましたが、一般の人には難しいため、エンディング1のロックからスポット・ターンを作りました」。

 

 

■「サークルで上達するボールルーム・ダンス(ラテン編)」
アイーダの頁を開きましょう。

1⃣カウント(4.1)のステップを(4&1)のチャ・チャ・チャのステップに置き換えてください。

2⃣ルンバでの横へのステップはチャ・チャ・チャでは「右、または左へのシャッセ」に、前進・後退のステップは「ロック・ステップ」になります。

R10 Aida

 

 

■参考動画1 Aida(YouTubeより)https://www.youtube.com/watch?v=lfhjkVjxFQ0
後半に次の説明があります。

1. Ending 1. Cuban Rock Spot Turn: キューバン・ロックを一度して(23)、フォワード・ロック・ステップ(4&1) ~ スポット・ターン。

2. Ending 2. Switch and Underarm Turn: フォーラウェイの形から前足を後ろに引いて正対し(2)、反対の足に体重移動(3)してからその場でチャチャチャ・ステップ(4&1) ~ アンダーアーム・ターン。

3. Development from Spiral: スパイラルからアイーダに入る踊り方。

4. Development from Curl: カールからアイーダに入る踊り方。

 

ハッピー・ダンシング!